弦楽オーケストラ作品 「Cells#2」の続編となる「Cells#5」
2021.4.23に配信&CDリリース

Cells #5   / ATSUKO HATANO

海底に眠る古船に繁殖するサンゴ礁のように、ゲストたちが奏でた楽曲を幾重もの弦楽オーケストラが覆い尽くしていく。
心の奧に迫る、壮大で美しい唯一無二の音楽作品。
石橋英子、山本達久、生駒祐子 (mama!milk)、icchie、工藤夏海(yumbo)らのゲストミュージシャンを招き、今作のために書き下ろした楽曲をそれぞれに録音。
その演奏に特殊な手法で弦楽のコラージュを施していく。前作「Cells#2」同様、波多野敦子がヴァイオリンからコントラバスまで全ての弦楽器を演奏、今回はミックスも含めて担当している。
マスタリングはJim O’Rourke、ジャケットにはオランダ人前衛画家Saskia Griepinkのフォトコラージュ作品を起用。
またアメリカの老舗レーベルImportant Recordsから「Cells#2」「Cells#5」両タイトルのカセットテープもリリース予定。

Release Schedule

2021.4.16‘Foghorn’ (先行配信)
2021.4.23「Cells#5」 アルバム配信 & CDリリース

CD available from:

ちぎれたゴム製品、瓶の破片が落ちて居る。
つぶれた缶の隙間で、土が湿り固まって居る。
寄せては返す波の前で、役割や価値を放棄して、
平等に朽ちて居る。
同じ風を受けた私は身震いし、歩き出す。
そうして命の不自由さを自覚する。
冷えるな。
いも焼酎お湯割でものみましょうよ、波多野さん。

― 折坂悠太 (シンガーソングライター)
A mangled rubber object, fragments of a glass bottle in the sand. Dampened dirt nestled in the crevices of a crushed can.
Renouncing their function and worth, decaying equally before the endless ebb and flow of thecurrents.
As the same wind blows over me, I shudder, and begin to walk. And then, I recognize the encumbrance of life.
It’s chilly. Why don’t you join me for a warm, dry shochu, Ms. Hatano?

― Yuta Orisaka (Singer-songwriter)
波多野さんが作る器楽には演奏の域をこえた得体の知れない面白さがある。

― 渡邊琢磨 (音楽家)
Hatano’s music is enigmatically intriguing as it transcends the realm of instrumentation.

― Takuma Watanabe (Musician)
音で情景を浮かべることが出来るだろうか?
波多野氏のつくる音は、終わらない連続性の中に、音が散らばって重なりあい、やがて物語となっていく…
それはまさに、細胞が分裂して、増えていって、やがて身体を作っていくという過程にも似た、とても小気味よい切れ味なのだ。
そっと目を閉じて自身の呼吸に「音」を重ねあわせると見えてくる、その情景を、ぜひ皆にも体感してほしい。


― 増田セバスチャン (アーティスト/アートディレクター)
Is it possible to visualize scenery from just hearing a sound?
Hatano’s sounds, which are strewn and layered upon one another with a boundless continuity, ultimately integrate into a story.
Similar to the process of cells splitting, multiplying and eventually building a body, her sounds express such pleasing precision.
Gently close your eyes and sync your breath to her “sounds”, and let yourself become immersed in the scenery that transpires in your mind.


― Sebastian Masuda (Artist / Art Director)
あらゆるジャンルの壁が溶けて、ロックもジャズもクラシックもエレクトロも混然一体となった現在の音楽シーンにおいて、ヴィオラやヴァイオリン等の弦楽器で何ができるのか…
最前線でその新しい可能性を探求し続けてきたのが波多野敦子である。
アヴァン・ロックや集団即興からJ-ポップやCM音楽まで、彼女は場を選ばず活動してきたが、どこで何をやっても自分だけのカラーと技術とヴィジョンで確かな爪痕を残しつつ着実に前進してきた。
これまでのキャリアが、そしてこの最新作がそれを証明している。
ここでは、音色のヴァリエイション、ハーモニーの複雑さ、アンサンブルの深度など、あらゆる点で更に遠くまで来てしまった。
光彩を微妙に変容させてゆく弦の響きによって、スロウモーションのように描き出される深海のランドスケープ。
その運動のゆるやかさが孕むテンションが私を震えさせる。

― 松山晋也(音楽評論家)
In the current music scene, where the walls between various genres have dissolved, and rock, jazz, classical, and electro are coalesced, Atsuko Hatano has been at the cutting edge, continually exploring new possibilities with string instruments like the viola and the violin.
Over the years, she has contributed in diverse areas, including avant-rock, ensemble improvisation, J-Pop, and commercial background music; and she always successfully incorporates existing methods into her own signature style, technique and vision. Her career trajectory to date, as well as this new album, confirm the solid progress she has made.
In her new album, Hatano has progressed even further in numerous facets, such as pitch variations, harmony sophistication, and ensemble intensity.
As her strings reverberate and subtly transform the scintillating light, a deep seascape emerges in slow motion. This gradual maneuver is imbued with such tension that it makes me tremble.


― Shinya Matsuyama (Music Journalist)
Cells #5 / ATSUKO HATANO

1. Tidal Curtain / 潮のカーテン
2. Foghorn / 霧笛
3. Her Parade / 彼女が生きたパレード
4. Crimson Coral / 深紅の珊瑚
5. Prelude to Foghorn / 霧笛 序曲
6. Jettison / 投げ荷


Credit
Played by Atsuko Hatano :
Violin, Viola, Cello, Contrabass, Piano (track1), Xylophone, Oscillator and Chorus

Guest Musicians
Eiko Ishibashi : Piano (track3 and 6), Marimba and Vibraphone (track2)
Yuko Ikoma : Accordion (track1 and 3)
Natsumi Kudo : Horn and Flugelhorn (track2 and 5)
Icchie : icchie : Trumpet, Flugelhorn, Piccolo Trumpet (track2 and 5)
Tatsuhisa Yamamoto : Snare Drum (track4)

Composed and Mixed by Atsuko Hatano
Mastered by Jim O’Rourke

Cover Work by Saskia Griepink (https://www.saskiagriepink.nl/)
(C)&(P) 2021 Atsuko Hatano
Cells#5 Trailer Part 1
Cells#5 Trailer Part 2
身曾岐神社パフォーマンス

Cells #2 / Atsuko Hatano (CD & Download)


2018年にリリースされた’Cells’ シリーズ第1作「Cells #2」
ヴァイオリンからコントラバスまで50トラックを一人で重ね、即興性と作曲を組み合わせながら生まれた弦楽オーケストラ作品。

Cells#2 Album avairable from here:
Bandcamp & Youtube